2021年最高のスタートダッシュが切れるギャル百合、お教えします【百合オタに百合はご法度です!?】

2021年最高のスタートダッシュが切れるギャル百合、お教えします【百合オタに百合はご法度です!?】

あなたは素晴らしい百合に出くわしたとき、思わず太鼓を叩きたくなったことはあるだろうか。マグマのような熱い感情を音で表現したくなったことはないだろうか。きっと百合好きならあるはずだ。(程度には個人差があります)

そんな熱い魂を宿した生粋の百合オタクとギャルの百合を描いた漫画。そのタイトルも『百合オタに百合はご法度です!?』(作:U-temo先生)

百合オタに百合はご法度です!? : 1 (webアクションコミックス)

 

 

主人公渡辺が通う学校には昔ながらのスール制度が色濃く残っている。スール制度とは上級生がお気に入りの下級生と疑似的な姉妹関係を結ぶ、いわゆる「タイが曲がっていてよ」「お姉さま」のアレである。

百合オタクにとってスール制度なぞ資料でしか見ることができない貴重な百合。生で見てみたいと思うのは当然のことである。古き良き百合を五感全部で味わうために渡辺は猛勉強し、晴れてその門をくぐることになったのだ。

↑彼女を待っていたのは正に生きた百合そのもの。乱れのない制服に身を包んだ乙女達がにこやかに「ごきげんよう」の挨拶を交わしていく。

 

感激に咽ぶ渡辺の目の前に現れたのは・・・バチバチのギャル、吉岡。ミニスカに派手なピアスでバッチリキメた彼女はどうみても周りから浮きまくっている上、持ち前のコミュ力で乙女達にガンガン絡んでいく。

尊いスールの間に挟まるんじゃねぇ~~~~~~~!!!ということで渡辺は吉岡に世界観を壊されないよう今日も奔走するのである。という感じのストーリー。

 

 

↑渡辺は別にギャルが嫌いというわけでも吉岡が嫌いというわけでもない。これは世界観の問題なのである。彼女からしたらディズニーランド構内にドンキを建てられるようなものなんだろう。

 

 

↑スールだろうが何だろうが物怖じせずに絡みにいく。

渡辺は百合の間に入られることだけを恐れているのではない。多くの百合を見てきた彼女は知っているのだ。ギャル×お嬢様、ギャル×地味子が鉄板カプだということを!!吉岡は絡むだけで学園中の子とフラグが立ってしまう。故に渡辺は常に吉岡から目を離さない。

 

百合に挟まる男は殺されるというネタがあるが、じゃあ百合に挟まる女はどうなんだと。渡辺的にはそれはNGなのである。だから彼女は吉岡が変なフラグを立てないようその間に割って入っていく。

しかしそれもまた百合の間に挟まる行為だ。百合に挟まる女と百合、の間に挟まる女。それが渡辺なのである。

 

 

↑姉妹の睦まじい相合傘にお邪魔するくらいなら濡れて帰る、それが百合オタという生き物である。なんと立派な背中だろうか。

 

 

あるとき、とあるハプニングで吉岡は渡辺のカバンから百合漫画を見つけてしまう。その後、百合の意味を調べた吉岡は推察する。「つまり渡辺は誰かと百合になりたいってことか・・・?」

渡辺は百合が好き。そして彼女は私が誰かと話していると絶対割り込んでくる。そして吉岡の中で点と点が繋がり、一本の線を生み出す。

うお~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!吉岡~~~~~~~~~~~~!!!ギャルが上がってきてる!!!なんかすげーことが始まってんぞ~~~~~~~~~~~~!!!!!

 

 

↑乙女の園を守ろうと渡辺が必死になるほど進展していく吉岡との百合。渡辺の妨害が吉岡には嫉妬に見えるのだ。やがて吉岡の中で渡辺を嫉妬させたくないという思いが生まれ始める。あまりにもいじらしい。

 

麗しき乙女の園に百合オタをぶちこみ、さらにギャルをぶちこんで煮込んだこの漫画。もう何が何やら。咲き乱れる百合の中で渡辺が暴れまわり、その混沌の中をノーマークだった吉岡がグイグイとあがってくる。

この勢いを味わわないで新年を迎えるなんてあまりにももったいないでしょう。

 

百合漫画感想カテゴリの最新記事