疲れたら読め!大きく開いた口は健康にいいぞ!【趣味のラブホテル 1巻】

疲れたら読め!大きく開いた口は健康にいいぞ!【趣味のラブホテル 1巻】

趣味のラブホテル 1巻: バンチコミックス

例えば仕事がかなり立て込んでいた日があったとして、帰宅してあまりの疲労困憊ぶりに今日はもうTwitterしか見れん。無理だ。そんなときもあるでしょう。

百合を摂取したい気持ちはあるけど続巻ものはそれまでの話を思い出す気力がないし、修羅場のようなカロリー高い百合は胃がもたれそう。そんなとき、らぱ☆先生の『趣味のラブホテル』はピッタリの百合かもしれない。

 

 

 

リアルなラブホ描写を入れたいが、ラブホの中はよく知らない同人作家の茶耶。そんな彼女の元へカシオペアと名乗る女の人が現れる。

一緒にラブホへ入ってくれるというカシオペアに、一人は恥ずかしいけど二人でなら・・・ということで誘われるがまま中へ入っていく茶耶だったが、いざ部屋に入ってその奇抜な内装にびっくり。さらにカシオペアは天から来たふたなり天使だと知ってさらにびっくり。

それ以来ラブホの面白さを知った茶耶は、カシオペアとラブホ巡りにハマっていく。という感じのストーリー。

 

 

何せとにかく絵柄がいい。らぱ☆先生の描く女の子はちょっと癖になるくらいかわいい。

私はちょっとデフォルメされたまんじゅう顔の絵柄がめちゃくちゃ好きで、正直表紙で「あ、これは絶対私好みだ」という確信があった。その通りになった。

顔はもちもちで目が大きい。そんなかわいい女の子が笑っているのを見るだけで血圧は下がり内臓脂肪は消える。特にお気に入りなのはカパッとあいた口。ニコッとしたときに大きく口が開いているととても景気がいい。

口があくのがたまらん。それが女の子が見つめ合った瞬間ならなおさら最高だ。見る福祉だよこれは。

 

あ~~~~好き。健康になる。

 

 

 

帯にもカバーにも百合の文字がないので、ちょっと迷ってしまうかもしれないが間違いなく百合。ふたなりの可否は個人のジャッジに任せます。

茶耶に思いを寄せるカシオペアは、ちょくちょく体のアプローチをかけたりもするのだが、強引に迫ったりは絶対にしない。この押しと引きのバランスが絶妙で、度重なるアタックで散々彼女のことを考えさせられる上に、最終的な主導権を握らせてくるので全ては茶耶次第ということになり、片思いしているのはカシオペアなのに茶耶が動かなくてはいけないという構図がテクい。

初めは断固拒否し、友達の関係と割り切っていた茶耶だが、カシオペアの財布に入っていたラブホのポイントカードにもにょっとした気持ちを抱き、アプローチをかけられなかったときは物足りなさを感じ始めたりとじれったい二人の関係はかなり打点が高い。自分はいい感じに茶耶との関係を築けていると思っていたカシオペアと、友達と思っている故に彼女をぞんざいに扱ってしまう茶耶とのすれ違いとかもうたまらない。

サクッと読めて癒し効果が高く、百合もある。最高でしょう。

 

 

百合漫画感想カテゴリの最新記事