人外にしかできない圧倒的な閉鎖関係【スカーレット 1巻】

人外にしかできない圧倒的な閉鎖関係【スカーレット 1巻】

スカーレット(1) (百合姫コミックス)

結野ちり先生の『スカーレット』1巻です。

 

艶めかしく誘う視線と恍惚とした表情、そして首についた生々しい歯形。

表紙から漂う甘ったるい色気。 う~~~~ん最高!

 

二人の人間らしからぬ歯からわかるように、これは人外ファンタジー百合です。

今の百合姫でもまだまだ人外ものは少ないから、新鮮味があってとてもよい。 この調子で人外百合には是非シェアが拡大していってもらいたいところ。

今年は人外百合の年にしような!!!(合言葉)

 

以下感想です。

 

とある酒場。 客の男が給仕の娘に難癖をつけ、乱暴を働いていた。

そんな狼藉へ口を挟んだのは、赤い頭巾を被った女の子と女騎士の二人組。

IMG_4112

男は挑発に乗って襲い掛かるが、女騎士はこれをワンパンで返り討ち。 こうして店の人気者となった二人はありがたくただ酒にあやかるのだった───。

 

 

女騎士の名はフィーネ。 赤い頭巾の女の子の名はアイリス。

アイリスには昔から「近づいたものは消える」という黒い噂が絶えず、周りから疎まれていた。 しかしフィーネはそんな噂など気にもせず幼い頃から常に彼女と共にいた。 彼女の恐るべき正体も知らずに────。

 

フィーネが少女になった頃、彼女は人に食らいつくアイリスの姿を目撃してしまう。

彼女の正体は人を食べる人狼だった。

すぐに彼女を討伐するための追手が差し向けられ、アイリスは協力者とみなされたフィーネと一緒に絶体絶命の状況へ陥ってしまう。

そしてフィーネは彼女を助けたい一心で手元にあった禁薬【エリクサー】に手を出してしまうのだった。

 

 

フィーネが気が付くと、一面は血の海となっていた。 禁薬の影響で周りの人間を食い殺した彼女はアイリスにも手をかけたが、人狼である彼女の血によって薬が中和されその途中で正気を取り戻したのだった。

IMG_4113

人間でなくなってしまったこと、人間を食い殺してしまったことに絶望したフィーネはアイリスに自分を食べてくれとお願いするが、彼女は半端な怪物になってしまったフィーネに食べる価値はないとしてこれを拒否。

しかし、もしフィーネが人間に戻れたならそのときは彼女を食べると約束するアイリス。

こうして人の道から外れてしまったフィーネはアイリスと共に国家直属魔薬取締機関に所属し街に蔓延るエリクサーを見つけ出して処分しながら、人間に戻る方法を探していくのだった。

 

 

人外バディ奇譚、ここに開幕!

人外のいいところって見た目ももちろんあるけど、普通の人間の価値観では描けない百合を見せてくれるところだと思うんだ。

人狼として人間の輪から外れていたアイリスと禁薬によって人間を捨ててしまったフィーネ。

人間界ではアイリスの居場所は全ての事情を知るフィーネの隣しかないし、事故によって全てを失ったフィーネにはアイリスしか残っていない。 もう二人の世界しか存在しないんだよ、この漫画には。 相関図を書いてもお互いの間にしかベクトルが伸びていない。

共依存という言葉が生ぬるく感じてしまうくらいクッッソ強い百合を見せつけてくれる。

いいよね、普通の人間では立ち入れないほどガチガチに閉じた閉鎖的関係。 人外設定が生み出した呪いとも言えるほどの強い絆は格別の味わいがある。

 

実際、LEAの担当監視官であるホプキンスはフィーネのことが気になっておりそれとなーくアプローチを仕掛けますが当の本人はどこ吹く風。

いや、そりゃ無理だよ。 だってホプキンス人間じゃん。

人間辞めなきゃ二人のくそつよ関係に介入できないよ。 運命捧げるくらいの覚悟がないと。

 

 

そして見逃せないのが吸血シーン。

エリクサーの副作用で定期的にアイリスの血を吸わないと発作が起こってしまうフィーネ。 そして人気のない路地裏で行われる秘密の吸血。

IMG_4114

お互いの恍惚とした表情が醸し出す極上の色気。  もうね噛みつくというシチュエーションが既にエロさ100点なのに血を吸うとかヤバいでしょ。 絵柄と相まって大変艶めかしい。

普段からクールで「お前は私が守る」とか言ってる騎士様がアイリスの前ではこんなに余裕無くなっちゃうのいいよね~~~。 というか発作出た瞬間に手のひら返しで甘え出すのもいい。

フィーネはフィーネで誘い受け師範代としか思えないような甘ったるい誘い方をするのでますます頭クラクラになってフィーネのことしか考えられなくなる様がまた最高。

「いつもの”日課”して・・・フィーネちゃん」ってすごい言葉よなぁ・・・。

二人の間でしか行われない秘密の日課。 これも閉じている二人の関係をいい感じに加速させるにはもってこいの設定。 いいね~~この重さ。

 

 

やっぱり運命レベルでお互いを縛れるのは人外百合ならではだよね。

強い絆!いぇ~~~~い!!ってのもあるけど、人から外れてしまった二人の孤独感や幸せな中に漂ううっすらとした哀しさみたいなのも学生百合では味わえないので。

さて、もしこの先フィーネが人間に戻れた場合めでたくアイリスに食べられることができるわけだけど、彼女がフィーネのことをどう思っているのかまだ明かされていない部分があるのでどのような結末になるのかすごく気になる。

フィーネとの契約は絶対守るといっておきながら「ずっと一緒にいようね」と言った意味とは? 食べて体の一部にすることでずっと一緒的な・・・? 『赤ずきん』の狼とおばあちゃんみたいだ。

 

というわけで『スカーレット』1巻でした!

運命を共に捧げ合った重さや艶めかしい吸血シーンなど人外の設定がうまく話に表れていて面白かったです。 アイリスの一人で狼だし赤ずきんみたいなキャラデザも好き。

人外もファンタジーも今の百合姫では貴重な存在なのでこれからの展開に期待したいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ

スカーレットカテゴリの最新記事