病月

破滅して欲しいし添い遂げて欲しいという読後感【病月 1巻】

もちオーレ先生は私のお気に入りの漫画家の一人だ。 その奇想天外な設定とキャラクターの性癖が見え隠れする変態的な掛け合いは、好きとか嫌いといった好みの更に根っこの部分にアプローチしてくる。正に”刺さる”百合漫画だ。 こ […]